スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小切手は健在です。


















意外とほんとに使うんですよ・・・私だけか!?


小切手というと、日本ではなじみがなく
使うとなると超大金!!!みたいなイメージがありますが


そんなこたぁイギリスではありません。
わりと日常生活でお目にかかります。
減ってはきていると思うのですが、思いのほか使ってます(笑)


小切手帳は口座を開いたときにもれなく送ってきます。カードと共に。
一体どないして使うんや、と最初は思いましたが
慣れてみれば簡単、そして現金扱うより安全(な気がする)。


最初に小切手を貰ったのは…大学からの奨学金でした。
貰った時
「…え、どうすんのこれ。(困惑)」
紙切れ(小切手)一枚ぴろーん、それだけ。
え、えーと銀行に持って行けばいいのかな?と教授に聞くもっさん(笑)
はい、銀行に持って行きます!

窓口へ行って、「これ入金してくーださーい」と言うと
おねいさんが「じゃあカードを機械にさしてね」というので、銀行のカードをカードリーダーに差し込みます。
そしたらあとはおねいさんがパパパっと処理するので
ものの30秒で入金完了。(反映は時間がかかるようですが)
「レシート要りますか?」と聞かれるので、欲しかったら貰っておしまい。
入金はほんと簡単です。



で、一方で、小切手を書く機会もバイトの関係上、結構ありまして
慣れたもんです。
①小切手帳にある、右下の枠内に数字で支払額を書く。
②日付も忘れずに
③真ん中にある3行ほどの記入欄に
支払先の名前
支払額(英語で)
を記入します。

例えば、支払額が£123.45だとします。そしたらその記入欄には
One hundred twenty three pounds and fortyfive pence only
と書きます。Onlyを書かなきゃいけませーん。
そして、記入されていない空白域は必ず横線を引いて(----)何も記入されてないところが無いようにします。
四角内の数字の記入欄も同じく、空白欄は線を引いておきます。しゅっとね!

左端には、切り取った後の半券が残るようになっているので
そこも自分のメモ用にしっかり同じ内容を記入しておきましょう。


で、書き終えたらちぎって
相手に渡すなり、郵送するために封筒に入れたり
これでおしまい。


ちなみに…
わりと少額でも結構使ってました(笑)£10以下でも書いてましたね~


まぁでもこれ、最近ではお店でも受け取らなくなってるんじゃないかな。
プライベートで商売やってるところなんかはまだまだ受け付けてるのかも。
万が一書くようなことになったら、ぜひご参考に(笑)
今なら私、1分以内に書けますwww


以上、イギリスに来て身に着けた謎の生活スキルでした(笑)


関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

コメント

No title
結構前からブログを読ませていただいています。今イギリスに留学しているので、沢山ためになる情報があって嬉しいです。
今日まさに小切手を初めて使ったので、なんだかタイムリーで嬉しくなり、コメントさせていただきました。
これからも楽しみにしています。
  • 2014-11-12│17:59 |
  • のうさぎ URL│
  • [edit]
Re: No title
のうさぎ様

コメントありがとうございます!
留学生活は如何ですかー?目いっぱい楽しんでくださいね♪
そして小切手デビューおめでとうございます(笑)
更新頻度が遅いですが、またのぞいてもらえれば幸いです:)
  • 2014-11-14│09:29 |
  • もっさん。 URL│
  • [edit]

コメントを残す

Secret


プロフィール

もっさん。

Author:もっさん。
☆POINT☆
●ユルい。
●大阪弁。
●普段は遅いが、本気を出すと速いらしい。
●不可思議ないきもの。
●日本で小児対象の言語聴覚士としてユルユル生息中。
●音楽療法士の勉強をするためイギリスに2014まで生息。
●音楽療法士の資格(英国限定)も取ったし、なんとかそれを今の仕事にねじ込もうと画策中。

最新記事

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

alphapolis

アクセス解析


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。