スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イギリスでカップラーメン的なものを食す。



















日本ってすごいよ。
詳細以下。




日本人にはなじみ深い
カップめん。

イギリスにもそれらしきものが少しですが売っています。


試してみました。
お値段は1コ=30pより。
まぁ、悪くなかろう。値段的にはね。


さて、作り方は上に述べたように若干違います。
*蓋明けて放置
*2分後に一回混ぜなきゃいけない手間。


味も違いますね完全に。ほかにももちろんありますが、まず「醤油」だの「豚骨」だのはありませんから期待してはいけません。そこは食文化が違うから期待してはいけませんよ!
しかし、マッシュルームとチキン、って一体・・・って感じですが。


感想として
味:まぁ、確かにマッシュルームとチキンだった。というか薄かった。
というのも、かき混ぜの時点でちゃんと混ざってなかったというアクシデントのせいなんですが
かき混ぜなきゃいけない構造になっている時点で、何か残念な雰囲気が漂ってますが(笑)

手間:まぁ、許すわ。ただかき混ぜに技術がいるのはいただけない。

中身:麺が短い!道理でパッケージの写真が「スプーンの上に麺」なわけだ。麺をすすりたい人には確実にがっくりくる短さです。そりゃそうだ、麺はすするものではないんだもん、こっちでは。


といった感じ。
分類的にはSnuckのようですが、カロリーはがっつり400ありました。
日本のカップ麺のサイズよりかなり小さいくせに…!!



これ買うんやったら、袋めんでちゃんと作った方が美味しいと思います。(笑)
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


プロフィール

もっさん。

Author:もっさん。
☆POINT☆
●ユルい。
●大阪弁。
●普段は遅いが、本気を出すと速いらしい。
●不可思議ないきもの。
●日本で小児対象の言語聴覚士としてユルユル生息中。
●音楽療法士の勉強をするためイギリスに2014まで生息。
●音楽療法士の資格(英国限定)も取ったし、なんとかそれを今の仕事にねじ込もうと画策中。

最新記事

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

alphapolis

アクセス解析


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。