スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大学院生活①一年の流れ。





















コースによって違うと思いますが
忙しさはこれと同程度かそれ以上です。
詳細以下。



結局、大学院って何すんの、って方もいらっしゃると思いますが
一年の流れはこんな感じです。


イギリスの大学院は基本的に1年なので、物凄く大変です。
一年で修士論文を書き上げないといけませんからね。
修士論文のみならず他の書き物課題(エッセイ)が怒涛の如く振りかぶってくるようです。

もっさん。はちょっと特殊なコースなので、2年課程です。
それでも一年目はこんな忙しさ。
エッセイが他のコースより少ないとはいえ、
授業が他より多く、実習で週に二日学外に出て研鑽をつみ、それのまとめなんかに追われて
とてもじゃないですが息つく暇もなく…
あっという間に終わります。
恐ろしいぐらいに早いです。


一見、スケジュールを見ると「お、休み多いやん」と思うのですが
そこは先生方抜かりなくエッセイ課題の締め切りを休み明けにねじ込んできます。
つまり
そのお休みは課題の作成にすべて費やされます。
費やしても終わらないぐらいの大変さなんですよ。
食事も睡眠も削ることになります。
ましてや、慣れない英語でそれを作るわけですから、それはもう大変な作業です。


ですので
スケジュール管理がしっかりできないと、大変苦しむことになります。
管理したところで苦しかったんですが(笑)


まぁつまり、何かって


めちゃくちゃ忙しくて大変な日々を送るという事です。
充実してるということですね!


関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


プロフィール

もっさん。

Author:もっさん。
☆POINT☆
●ユルい。
●大阪弁。
●普段は遅いが、本気を出すと速いらしい。
●不可思議ないきもの。
●日本で小児対象の言語聴覚士としてユルユル生息中。
●音楽療法士の勉強をするためイギリスに2014まで生息。
●音楽療法士の資格(英国限定)も取ったし、なんとかそれを今の仕事にねじ込もうと画策中。

最新記事

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

alphapolis

アクセス解析


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。