スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イギリスに対するイメージのギャップ①

















そんなもんだ。
詳細以下。







よく聞かれます。

「イギリス紳士に会った!?」



そんな人いません(笑)
いや、普通に優しい人はたくさんいます。
だがいわゆるジェントルマンとかいうイギリス紳士はですね
存在してないか、しててもごくごく僅かな人口なんじゃないだろうか。



基本的に
肥満が凄いです。
そりゃぁあの食生活じゃ肥満になるわよ、という感じですけど
とにかく腹回りが大きい。
なんだろう、なんとなく車椅子乗ってる人とか
明らかに脳血管障害患いましたよね、的歩き方の人を日本よりよく見ます。
そういう事だと思います。
肥満は本当にスゴイです。


あと、刺青はOKな文化?なのか?な?
とりあえず5割ぐらいの人はなにかしや彫ってます。
男も女もなんか彫ってます。
日本人だからかなんかして、いまいちこう…ヤーさんイメージがぬぐえないので
いいイメージが無いんですよね
でも、刺青があっても皆いい人なんですよ。
なんだろうなぁ、この感じ。



ファッションはもう、もっさん。の好みに合わないというか
多分肌の色が違うから、気に入った色の服が無いというか
足の長さも違うしねぇ…
だが、基本的にモノトーン!ロック!
プライマーク(しまむら的な)には、ロックな服しか売ってませんもん。
アクセサリーもとげとげしてるし、ギラギラしてるし、なんかつけにくいよぅ。って感じですし。
これはもう感覚の違いとしか言いようがないかな。
大胆な柄、奇抜な柄と色、も割と多い気が…
これは大阪の天神橋筋商店街並みといったほうがいいのか!?(笑)


それから
思ったより白人が少ないんですよね。
これは恐らく街によりますが
Cambridgeは時々ここがどこかわからなくなります。
ある時はアフリカ
ある時は中国
ある時はインド
ある時は…イスラム諸国!!!
これぞいわゆるMulti culturalってやつかぁぁぁ…っていう
なので
それぞれの国の英語のナマリが飛び交うので、一筋縄でいかないこともあります。
イギリス=白人の国
その公式はもうとっくに崩れ去ってます。
歴史の絡みでそうなんだと思いますけど、なんかすごいですよ。



以上、がっかり?ギャップでした。
ポジティブなギャップも書いておくよ(笑)
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


プロフィール

もっさん。

Author:もっさん。
☆POINT☆
●ユルい。
●大阪弁。
●普段は遅いが、本気を出すと速いらしい。
●不可思議ないきもの。
●日本で小児対象の言語聴覚士としてユルユル生息中。
●音楽療法士の勉強をするためイギリスに2014まで生息。
●音楽療法士の資格(英国限定)も取ったし、なんとかそれを今の仕事にねじ込もうと画策中。

最新記事

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

alphapolis

アクセス解析


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。