スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イギリスの交通ルール。渡れる時が渡るとき。






















基本的に自己判断で渡ります。横断歩道というものは。

詳細以下!



もっさん。は大阪人なので、誰も何も通ってない横断歩道が赤の場合、ためらわず渡ります。
待つなんてそんなアホゥなことはしません。


基本的にイギリスも同じです。


信号はあくまでも参照であって、横断歩道は自己判断で渡ります(爆)
その自己判断っぷりたるや、大阪の上を行きます。
しかもイギリス人の「やるときゃガチンコ勝負」っぷりが発揮されるので、かなり危険な状況でも、ガチンコ勝負をかけに行っていることがよくあります。


日本の場合、「子どもの教育によくない」とかいって、子どもの前ではきちんとルールを守るオトナを演じることがありますが、そんな様子も一切なく。
「ほら、わたるわよ!」
と、赤信号をせかしてわたる姿なんぞ日常茶飯事なわけですwww
ルールはルール、でも基本的には己を信じろ、という事なんだろうか…


とにかく、信号はあってないようなものです。


イギリスの横断歩道は、基本的に渡りたい時にボタンを押して、信号が変わるのを待つタイプなんです。
自動的に変わるタイプではありません。
このボタン、押してからかなりすぐに信号が変わるので、待ち時間も日本より断然短いのです。
なのに
誰も守らない(笑)
押しておいて、でも自己判断で渡る。これぞイギリス流。


横断歩道じゃないところでも平気で渡りますからね。
それが例え対面二車線の交通量の多い場所であっても…そして中央分離帯で待つ、みたいな。


大丈夫なん色々!?と思うでしょ?
私はLondonで、Policeが二人談笑しながら信号無視して横断歩道を渡っているのを目にしましたから…
おいおい、いいのかよwww
ま、周りの人もpoliceがいてもフツーに信号無視して渡ってたところを見ると、そこは厳しくないみたいですね!ルールって一体この国にとってなんなんだろうと思う一瞬(笑)


関西圏の人はなんの違和感もなく、いやむしろフリーダムにふるまえるからいいけど
真面目な関東圏の人にとってはカルチャーショックなんだろうか、といつも思うのでありました。


しかしこれ、車の側からしたらすごいイライラするだろな。

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


プロフィール

もっさん。

Author:もっさん。
☆POINT☆
●ユルい。
●大阪弁。
●普段は遅いが、本気を出すと速いらしい。
●不可思議ないきもの。
●日本で小児対象の言語聴覚士としてユルユル生息中。
●音楽療法士の勉強をするためイギリスに2014まで生息。
●音楽療法士の資格(英国限定)も取ったし、なんとかそれを今の仕事にねじ込もうと画策中。

最新記事

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

alphapolis

アクセス解析


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。