スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イギリスで部屋探し①お部屋のタイプ



















これまた根気のいる作業ですのよ。
詳細は以下!

部屋探し。

屋根が無いと生活できませんからね。
これだけはどうしても頑張って次を探さないと宿無しになりますから
頑張らざるを得ないわけです。
そこにエッセイの締め切りがあろうとも!!!!
しかも外国で、ですからね~~ドキドキしたもんです。


さて、お部屋のタイプからお話していきますと、上に描いた通りになります。
お値段も全然違います(笑)


*1R
トイレ、キッチンが部屋に併設。
Studioと言うそうな?
学生寮でもこのタイプがあります。
ただ
お値段が張ります(笑)


*シェアハウスの一室
誰かと一軒、家を借りて、一緒に住みます。
バス・トイレ・キッチンetcが共用です。
もっさん。の一年目はこのタイプ。
お値段は家によりけり、かな。


*どこかの家族の一室
いわゆる下宿です(笑)
見知らぬどこかの家族と一緒に住むことになります。
勿論、フロトイレetcは共有。
家庭によっては色々ルールがあったりすることもあるようですが
一番お安い。
はい、ここに住んでます~~(笑)


日本と同じで、場所(駅チカとか、街中とか)は勿論値段が高くなる傾向です。
シェアハウスは光熱費・税金を含む、含まないで結構変わったりするようで。
下宿は、大家さん次第(笑)



いずれも、インターネット・新聞・不動産屋さんにて物件を探します。
そこは日本と変わりないかな。
ただ、家主さんとの直接交渉が結構多い気がします。
不動産屋を通すと、やはり仲介手数料は取られますのでね。


ちなみにお家賃、Cambridge相場ですが
Studioは週£120位から
シェアハウスは場所によりけりですが週£90位から
下宿は週£80位から…

もっさん。は驚きのお値段で生息中です。
光熱費・インターネット代込で、

一ヶ月£300なのです!!!!寮より安いし広いし、何より洗濯機がある…!!!(そこかよ)
色々気を使うことは多いのですが(苦笑)、ぜーんぜん、全然問題ナシ!!!
運よくいいお方に巡り合えたのもあるのですが、快適に暮らしております。


次回からはどうやって今の家にたどり着いたかたどっていこうと思います。
続く!!!
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


プロフィール

もっさん。

Author:もっさん。
☆POINT☆
●ユルい。
●大阪弁。
●普段は遅いが、本気を出すと速いらしい。
●不可思議ないきもの。
●日本で小児対象の言語聴覚士としてユルユル生息中。
●音楽療法士の勉強をするためイギリスに2014まで生息。
●音楽療法士の資格(英国限定)も取ったし、なんとかそれを今の仕事にねじ込もうと画策中。

最新記事

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

alphapolis

アクセス解析


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。