スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イギリスのお菓子②ヴィクトリア・サンドイッチ
















このジャリジャリした砂糖感のクリームも慣れましたわ…

詳細以下!!




お菓子編、次はケーキと参りましょう。


イギリスのケーキと言ったらこれでしょう。
ヴィクトリア・サンドイッチ!


ほんまにヴィクトリア女王様の為に作られたケーキだそうです。
しかしこのほんまに、サンドしただけ!っていう様相を見ると、なんかテキトーな匂いがしないでもないのだが、気のせいでしょうかね(笑)イギリスらしいな~

そう


挟んだだけです!
スポンジをヨコに二等分したところに、クリームとラズベリージャム塗っただけです!
ジャムサンドイッチのパンがいかついスポンジになっただけなんです!


デコレーションのデの字も無い(笑)
だがそれがシンプルでイギリスらしいと言っておきますか。


どこのスーパー、パン屋さんにいってもこのケーキは置いてます。
それだけポピュラーなケーキ。
簡単だからなのか、異様に安いヴィクトリアサンドウィッチもどき、というものも、スーパーの独自ブランドで恐ろしい値段で売られていたりします。(1ホール=58p。直径18Cmぐらい?)
スポンジぱっさぱさですけどもwww


スポンジは基本的にみっちり詰まったスポンジで、フワフワではありません。
勿論店によって違いますが、場所によってはフォークにそこそこの力を加えないといけないほどです(笑)
まぁでも
味は想像がつきますね?
スポンジとジャムとクリームということで。
でもなんだかクセになるのですよ。


パン屋さんだと、1カット=£1.5ぐらい?
ケーキ屋さんだと1カット=£2.5ぐらいかな。
スーパーだとブランドによりますが、1ホール=£2.5~5ってところじゃないでしょうか。


簡単なので亜種も存在します。
表面にアイシング(分厚い)を施したものも…
いらん、いらんからそれ!!めっちゃ甘いから!!!
食べた瞬間に「じゃり」って砂糖の結晶の感覚がやってくるほどに甘いです。



慣れちゃいましたけどね…(怖)

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


プロフィール

もっさん。

Author:もっさん。
☆POINT☆
●ユルい。
●大阪弁。
●普段は遅いが、本気を出すと速いらしい。
●不可思議ないきもの。
●日本で小児対象の言語聴覚士としてユルユル生息中。
●音楽療法士の勉強をするためイギリスに2014まで生息。
●音楽療法士の資格(英国限定)も取ったし、なんとかそれを今の仕事にねじ込もうと画策中。

最新記事

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

alphapolis

アクセス解析


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。