スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

修士論文の道のり -先生の巧みな操作1

















先生の恐ろしさを知った瞬間。
詳細以下。


ぷろふぇっさーはやっぱりProfessorなんですよ!
あんなオヤジギャクを常々飛ばしても
やっぱりすごい人なんです。


ミーティングの度に貰う大量の資料。
「参考になると思うよ」と言われ、悲鳴を上げながら読んでいく日々。
勿論もらったもの以外にも、自分で探した「参考になるかもしれないからとりあえずダウンロードしとけ文献」が山積みになっておるのと同時並行です。たまに先生から貰ったのとかぶってますが。

この貰った文献
見事に私の思考の先を読まれているというのが明らかになる内容ばかり…


一度は目を通すのですが、他にも大量に読むのでいちいち細かく覚えてないのが常でしてwww
頭が整理されたところでもう一度読むと
「うぎゃああああ!ここにコンパクトにまとめて書いてあるぅうううう!!!」
っていう事がしばしば。
それだけならまだしも、しばし書き進めて、次のセクションなんかに移った時ですらも
前々回貰った資料がドンピシャで、「自分で結論を導き出してやった!」と思ったアイデアが、見事に述べてあったり…
オリジナリティを出したるねん、というわけのわからん関西人性質がメラメラ燃えておったのですが
そのオリジナリティがとっくに二番煎じ以上のものだと知った時のあの愕然感(笑)
多分これは関西人だけだと思いますがwww
だがそれよりも、そういう話の持って行き方を絶対するだろうな、という先生の読みの恐ろしいまでの的確さ!!!


もっさん。は思いました。


「完敗です。」


あそこまで完璧に、しかも恐ろしいほどの存在感のないコントロールを他人から受けたのは初めてです。
普通そういう意図って割と気が付く方なんですけどね…全くでした!


本気で背筋に悪寒が走ったのは記憶に新しい…



ともかく、先生の凄さを体感した一瞬。
のほほんユルユルに見えて、やっぱすごいんやと。そりゃそうだ。肩書き経歴みりゃ凄さは一目瞭然だけど
外見とのギャップがズルすぎる!!!!
だまされとった…勝手に(笑)
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


プロフィール

もっさん。

Author:もっさん。
☆POINT☆
●ユルい。
●大阪弁。
●普段は遅いが、本気を出すと速いらしい。
●不可思議ないきもの。
●日本で小児対象の言語聴覚士としてユルユル生息中。
●音楽療法士の勉強をするためイギリスに2014まで生息。
●音楽療法士の資格(英国限定)も取ったし、なんとかそれを今の仕事にねじ込もうと画策中。

最新記事

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

alphapolis

アクセス解析


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。