スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

修士論文の道のり -先生の巧みな操作2




























まさに孫悟空を地で行くもっさん!
というよりも教授が本当にすごい!!!

というような感じです。
全部最初から最後まで仕組まれていた感が凄い。


実際、修士論文はセメスター1から始めていきました。
で、その時にはセメスター2の時間割を貰っていないわけですよ。
貰ってみてビックリ。
「これ読んでおいて」と言われた文献の著者の先生が来て、「音楽と感情」についてレクチャーするという
おいおいおい
これ完全に仕組まれてたよね!?
その後、SVも脳と音楽についてのレクチャーをするという…

まさに私の修論の修正と確認のためにあるかのようなレクチャー!!!
ていうかわかっててこっちへ持って行っただろ、先生っ!!!

このゲスト先生も、地味にSVのお友達で、仲が良かったという事実…


で、修論定期相談会で先生に
「ちょ、この間のレクチャーめっちゃ修士論文に関係あってびっくりしたんですけど!」
って言ったら
「うんうん、良かったじゃないか(ニヤリ)」
という意味深な返しをされたので、あ、これ絶対仕組まれてる、と確信したのでありました。


いやぁ、背筋に冷たいものが走るわっ!


それまで結構自分で色々頑張って考えて自分なりの考えが出せた!と思い込んでいただけに(笑)
先生の目論むゴールに「着実に、そして強制的に導かれてる」と知った時は…
ほんと
あの孫悟空の気分。
自分で結構やったぜ!と思ったけど、まだ先生の手中すら出ていなかったっていう…まさにアレ!!!
ぜーんぶ手のひらで転がされて観察されて導かれていたという…


教授ってやっぱりすごいんです。
プロフェッサーの名がつくだけあるんですよ。


そんなことを実感したこのプロセスなのでした(笑)
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

コメント

…恐ろしいな(笑)
  • 2014-07-05│06:20 |
  • ふじー URL│
  • [edit]
Re: タイトルなし
怖いやろ~
ノホホン微笑み浮かべながらこうやって弄ばれるのよ…(笑)
  • 2014-07-06│05:14 |
  • もっさん。 URL│
  • [edit]

コメントを残す

Secret


プロフィール

もっさん。

Author:もっさん。
☆POINT☆
●ユルい。
●大阪弁。
●普段は遅いが、本気を出すと速いらしい。
●不可思議ないきもの。
●日本で小児対象の言語聴覚士としてユルユル生息中。
●音楽療法士の勉強をするためイギリスに2014まで生息。
●音楽療法士の資格(英国限定)も取ったし、なんとかそれを今の仕事にねじ込もうと画策中。

最新記事

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

alphapolis

アクセス解析


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。