スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おさいふ




















結構な割合でジャンプしてもらったら小銭の音がするんじゃないだろうか。

アルバイトで某アジア食品店でレジやってるのですが
割と面白い。


財布持ってる人が日本に比べると少ない。
日本では割と皆さん持ってらっしゃる気がしますが
イギリスでは、そんなに持ってらっしゃらない気が…(アジア人以外…)


カードを使う人が多いというのもあるかもしれません。
なので、ひょいっと店にやってきて、カードをポケットから無造作に出してお会計~~
そんな人も多いです。
というか、カードをそんな無造作にポケットにむき身で入れてて大丈夫なの、とか思うのだけども…


小銭の扱いは特にひどい(笑)
小銭入れとか言う概念はもしかしたらアジアぐらいなのか、と思うほど!
ポケットにそのまま入ってる
鞄のポケットにそのまま突っ込む。
イギリスのコインは重たいから嫌じゃないんだろうかと思うのだが。
とにかくまぁ、ポケットからじゃらじゃら小銭が出てくるわけです。ちょっと生暖かいのがイヤです(爆)
しかも一つのポケットでなく、右左後ろ、どこからでも出てきます。


たまにお札もポケットから出てくるのですが
ありえないほどのシワがついてて、一体どういう状態でしまわれていたのかビックリすることも。
勿論洗濯されて色移り、色落ちしたやつなんかもよくあります。
お札洗っちゃうとか…いいのかそれは…なんて。


あとはよくある台所用ビニール袋に入れてるパターン。
まぁ…見えやすくていいかもしれませんね!(笑)
それから銀行で両替したときに貰えるビニールの小銭入れ。
あ、イギリスは銀行でもらう小銭は全てビニール袋にじゃらん、と入ってます。
たまに封が空いてて足りないことがありますwwwどうなんwww
そのビニールを再活用している人も。


小銭入れ、というものはこの国ではあんまりなじみがないみたいです。
お財布もイイやつはそういう場面では使うけど、普段では使わないのかもしれません。
良いやつ持ってると盗まれるからなのかもしれないとか思ったり。


なので、日本のがまぐち小銭入れなんか案外お土産にいいのかもしれないとか思う今日この頃…



関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


プロフィール

もっさん。

Author:もっさん。
☆POINT☆
●ユルい。
●大阪弁。
●普段は遅いが、本気を出すと速いらしい。
●不可思議ないきもの。
●日本で小児対象の言語聴覚士としてユルユル生息中。
●音楽療法士の勉強をするためイギリスに2014まで生息。
●音楽療法士の資格(英国限定)も取ったし、なんとかそれを今の仕事にねじ込もうと画策中。

最新記事

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

alphapolis

アクセス解析


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。