スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の調味料をイギリスで手に入れる話 -みりん編














みりんは思った以上に高いです。
買えなかった~~いや、買わなかった!
詳細以下!
醤油買ったし
なんぞ和食をイギリスで!!


で…レシピサイト見て気が付く。


「みりんが要るな…」


そうなのです、予想以上にみりんはどんな和食にも使われているもの。
砂糖で代用できるものもあるでしょうが…
やっぱりあのみりんの甘さは、砂糖とは違いますよね?


さて、どこで手に入るか?


小さいボトルなら、大手スーパーで購入可能です。
お値段は£2だったかな。
一応日本のメーカーですが、海外向け専門のメーカーなので聞いたことない名前でした。
「YUTAKA」っていうブランドです。
だいたい日本食コーナーか、アジアの調味料コーナーに置いています。
しかし醤油に比べると割高感が…
ま、お寿司には使わないので、日本食を本気で作りたい人用なんでしょうね。
照り焼きも有名なので、それ用かと。


日本のメーカーのいつものみりんは、アジア系スーパーでどうぞ。
だがしかし
高い!
高いよ!?
醤油との値段の差が凄いよ!?
750mlで£8いってたのもあったしな…買えんがな…
というか、750も使い切るほど和食をイギリスで作らない事実もあるので(笑)
あ、みりん風調味料も売ってます。


英語ではRice Wineと言うそうで…最初聞いたときは一体なんのリキュールかと思いましたが
まさかのみりんでした。
MIRINと書いているメーカーもありますけどね。


ですので、おもてなしに和食を作る際は、大手スーパーにおいてあるみりんで十分かと。
イギリスでも和食を貫く人は、アジア系スーパーでいつものボトルのサイズを買えばよいのかな。


ちなみに結局高いからという理由でみりんは買わず
醤油系の味の和食で作ったものと言えば、にくじゃがぐらいです。砂糖で代用。
照り焼きもかろうじて一回作ったか…


だいたいね、甘辛醤油味を作ると…コメが必要になるんだっ!
日本米は高いんだ!!


貧乏学生にはちょっとぜいたくすぎるのでした(汗)
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


プロフィール

もっさん。

Author:もっさん。
☆POINT☆
●ユルい。
●大阪弁。
●普段は遅いが、本気を出すと速いらしい。
●不可思議ないきもの。
●日本で小児対象の言語聴覚士としてユルユル生息中。
●音楽療法士の勉強をするためイギリスに2014まで生息。
●音楽療法士の資格(英国限定)も取ったし、なんとかそれを今の仕事にねじ込もうと画策中。

最新記事

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

alphapolis

アクセス解析


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。