スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SkypeでInterviewを受けよう④






















続く!
そして詳細は以下。


今思い返してみれば
「よくあんな体たらくでoffer頂いたもんだ」
って、思います。
うぅむ、わからん。



まぁ、でもこんな感じで45分も教授二人にはお付き合いいただいたし
最後はフレンドリーに終わったので良かったといえばよかったのかもしれない。


で、準備はしていたんですよ。
カンペも作っていたんですよ。見る余裕なんてないですけど!
暗記するぐらい読み込んだんですよ?
ほら、志望動機とか、いままでやってきたこととか、なんでイギリス選んだの、とかさ
一般的な質問項目はすべて書き出したのよ。
そういう質問項目は「Interview」「question」「university」ぐらいで検索かけると
各大学に対策ページがあるという(笑)
いっぱい出てきますのでご安心を。
でも、一切聞かれなかったので油断はなりませぬ(笑)


そう、一切聞かれなかったんです。
一切ではないか
そこをきっかけに


どれだけコヤツ専門的な知識があるんだろうかという
エグりにエグった質問が飛んできます。
しまいにゃジェスチャーのみになるもっさん。
「がんばって言葉で説明して!」と応援を受ける始末(笑)


また、「トリッキーな質問だけどね」と前置きされたうえで
ほんまにトリッキーな質問が降ってきます。
もう対策もへったくれもない。


ずっこけたのが
「あなた、大学ではどうだったの…あぁ、成績よかったのね」
見てへんのかい!!!!
そう、教授たちは、今まさにもっさんの提出したアレコレを眺めながら面接しておったのです。
自己完結して終わったこの質問(笑)


「ほかの楽器」は、きっと専門外でできるギターだの打楽器だのを求められていたんでしょうけど
ふっつーにタンバリンをナチュラルハイで叩きながら歌ったので
「うん、もういいわよ」
すいませんでしたー


というわけで
まだ続くのだ。Skype面接!!


関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


プロフィール

もっさん。

Author:もっさん。
☆POINT☆
●ユルい。
●大阪弁。
●普段は遅いが、本気を出すと速いらしい。
●不可思議ないきもの。
●日本で小児対象の言語聴覚士としてユルユル生息中。
●音楽療法士の勉強をするためイギリスに2014まで生息。
●音楽療法士の資格(英国限定)も取ったし、なんとかそれを今の仕事にねじ込もうと画策中。

最新記事

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

alphapolis

アクセス解析


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。