スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学生Visa(Tier4 General)を獲得しよう②Appendix8編














今回は文章で説明した方がよろしいですな。
以下長文でございます。
でも恐れることなかれ!!



では、最新版をダウンロードしたら
CASを手元において
書き始めましょう。


該当する箇所にチェックを付けて、進んでいきましょう。

Part1:名前

Part2:18歳以上の人はスルー

Part3:大学のDetail。 CASに書かれていることをそのままそっくり書く。

Part4:進学するコースのDetail。これまたCASに書かれていることをそのまま書く。

Part5:入国に関する云々。CASそのまま書く。
IELTSの主催団体は「University of Cambridge ESOL Examinations」
Reference Noは 大いにはみ出る(笑)

Part6:カネに関すること。これもCASに書かれているお値段を書きます。
6.6と、6.17(Maintenance)の質問のお値段は、きっかり9か月分のみ書きます。
それ以上でもそれ以下でもなく。9か月分のみ!

Part7:ポイントを書く。まさか自分で書くとは…(笑)
CASポイント、30 と カネポイント、10 と書いて、全部で40 と書く。
ドキュメント云々は、CASに書かれている者そのままを書きました。


そして最後にサインと日付。
サインはパスポートと同じサインを書きます。
漢字なら漢字で。


えー
ざっとこんなんですが
多分「?」と思う個所はあると思います。
一人で悩んでも埒があかないし
ネットで探すのも時間の無駄。


大学に問い合わせたら一瞬で終わります。


留学生の多い大学なんかは、Visa対策チームなんてのもあると聞きました。
なので、直接行く大学のプロに聞くのが一番ですね!


返事の遅さはご愛嬌なので、計算に入れておいたほうがいいでしょう(笑)


さて次はオンライン申請書ですな。
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


プロフィール

もっさん。

Author:もっさん。
☆POINT☆
●ユルい。
●大阪弁。
●普段は遅いが、本気を出すと速いらしい。
●不可思議ないきもの。
●日本で小児対象の言語聴覚士としてユルユル生息中。
●音楽療法士の勉強をするためイギリスに2014まで生息。
●音楽療法士の資格(英国限定)も取ったし、なんとかそれを今の仕事にねじ込もうと画策中。

最新記事

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

alphapolis

アクセス解析


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。