スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実録ヘタレ英語の過程⑥IELTSのWriting
















最後のコマが言い訳にしか見えない。


詳細は以下



Writingですが、これもなかなか手の疲れるセクションです。
手で書きなれておくことを切にお薦めしておきます。


Task1のグラフの記述については
色んな言い回しを覚えるしかないです。
色んな言い回し?
ネットで探せばわんさか出てくると思います。
Academic Writing で検索かけたら、きっと各大学の学習サポートサイトが
ガンガン当たってくると思うので、活用しましょう。
これを使い分けられれば高スコアが取れるはず。

論点さえずれなければ!


Task2も同じ。
*構成(イントロ→body1→body2→まとめ)
*語彙の豊富さアピール(同じ単語は二度と使わない)
*やたらと長いセンテンス(関係詞の乱用)


論点さえずれなければ大丈夫。
序文とまとめの内容さえ合っていれば大丈夫。



問題は
論点さえずれなければ・・・



というのが、結構難しい質問が降ってくるからです。
そんなこと日本語でも考えたことねぇよ、っていう・・・
Speakingでも同じなんですけどね
普段から、哲学的思考・批判的思考を常に持っておくことが求められております。
なぜなら



批判的思考が大学生活で必要だからです!!!!



って、えらそうにWritingスコアの低いもっさん。が言うことじゃありませんね(笑)



アカデミックな語彙は、先に述べたようにネット上にわんさかあると思うので
それを参考にするか
Academic Writingのテキストを一冊購入するか、ですね。
洋書になりますが、一番わかり易いと思うのです。
英語は英語で理解したほうがいいですしねー

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


プロフィール

もっさん。

Author:もっさん。
☆POINT☆
●ユルい。
●大阪弁。
●普段は遅いが、本気を出すと速いらしい。
●不可思議ないきもの。
●日本で小児対象の言語聴覚士としてユルユル生息中。
●音楽療法士の勉強をするためイギリスに2014まで生息。
●音楽療法士の資格(英国限定)も取ったし、なんとかそれを今の仕事にねじ込もうと画策中。

最新記事

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

alphapolis

アクセス解析


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。