スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Pre-Sessional Courseの実際






















はい、濃い4週間でした。
詳細は以下



条件付き合格でしたから
4週間のコースを受けることにしました。
というか、これでIELTSから逃げたというか。



うん、正解だった。



やることは上に述べた通りで
しかも、全て初体験。
日本語でもやったことねーよーうわーん!っていう状態。
観察学習でしか知らない世界を自分でやるわけですな。


最後の評価として
*1000字以上のエッセイ
*5~7分プレゼン
*セミナー

があります。
それに向けて、アカデミックな英語の使い方を少しずつ学んでいきます。
語彙とか
参考文献の書き方とか
よく使うフレーズとか
ディスカッションいっぱい、とか
します。


面白かったし
逆に、これをやらなかったら、確実に9月からの授業で瀕死の状態に陥るのが目に見えました。



こういったコースの内容はきっと学校によって違うと思うので
参考程度にどうぞ。


いやでもこれは行っておいた方がいい・・・!確実に!
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


プロフィール

もっさん。

Author:もっさん。
☆POINT☆
●ユルい。
●大阪弁。
●普段は遅いが、本気を出すと速いらしい。
●不可思議ないきもの。
●日本で小児対象の言語聴覚士としてユルユル生息中。
●音楽療法士の勉強をするためイギリスに2014まで生息。
●音楽療法士の資格(英国限定)も取ったし、なんとかそれを今の仕事にねじ込もうと画策中。

最新記事

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

alphapolis

アクセス解析


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。