スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大学院出願 ①必要なものⅡ













時代はWEBです。
続きもWEBです。
そんな世の中です。


大学案内も、募集要項も、すべてに至るまでがオンラインです。
紙で大学案内貰ったけど、全くもって同じでしたからね…
郵送の手間が省けるし、お手軽だから浸透しているんでしょうね。
お問い合わせもすべてメールです。


出願の送付もオンライン、クリック一つでした。
私はエージェント経由でやったのですが、それでも全てがメール経由なので
スキャナ必須。
CVも、PSもwordで作るからそこはいいとして
願書やら、大学の卒業証明やら、推薦状なんかはすべてスキャナで取り込んで編集です。
コースによっては、ポートフォリオもオンラインで提出でしょうねぇ…
とにかく、この時代は、インターネットとPCを結構ハードに使いこなせているのが当たり前になってきました。
そこもポイントなのかもしれませんねー(汗)
幸い、私はこういうのが好きなので苦にはならなかったのですが
苦手な人には最初の関門かもしれない。



PDF化のソフトは、Acrobatがまぁ有名ですが
Vectorとか、検索で「PDFソフト 無料」で、なんぼでも出てきます。
そして全く不自由しません。
ちなみに使っているのは

Bullzip

です。仮想プリンターとして出力するという、一瞬意味が分からないんですが
お手軽です。プリントアウト気分でPDF化してくれるっていう話なだけです(笑)
あ、ちゃんと日本語版もあるので、探してみてくださいね。


スキャナも複合機なら「プリンタ」から直接何やら出来るボタンがありますし
画像ソフトを使うなら「取り込み」でうまいことやってくださいね。
無駄に写真画質にする必要はないと思いますが
重さは考えた方がいいのかな。届かなかったりするだろうし…
圧縮ソフトなんてのも使ってみてもいいのかもしれませんね。
私は、エージェントさんに、圧縮ソフトでフォルダまるごと送りました。



うん、普通の出願でえらいPCスキルが必要ですな。
加えて私はCDを作るというスキルを要求されました。
それはいずれまた!

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


プロフィール

もっさん。

Author:もっさん。
☆POINT☆
●ユルい。
●大阪弁。
●普段は遅いが、本気を出すと速いらしい。
●不可思議ないきもの。
●日本で小児対象の言語聴覚士としてユルユル生息中。
●音楽療法士の勉強をするためイギリスに2014まで生息。
●音楽療法士の資格(英国限定)も取ったし、なんとかそれを今の仕事にねじ込もうと画策中。

最新記事

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

alphapolis

アクセス解析


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。