スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

推薦状をお願いしよう①先生編Ⅱ



















詳しくは追記にて↓
師匠(大学の先生)との流れはこんな感じでした。


社会人ともなると、もう大学時代は遠い過去のお話になりますし
数多いる学生の中で、自分のエピソードを覚えている方は、よっぽど特徴的な人でないといないでしょう。
ので
自然と、自作の推薦状を書くことになります。
というよりも
こちらである程度書いた方が、先生方の負担軽減にもなりますので
客観視を試みるという点でも、やっておいた方がいいのかなと思いました。
これは上司の場合でも同じです。


詳しい流れとしては


フォーマットと、段落ごとに述べてほしい内容を記載したものを送付。

「自分で書いて」ということで、書く。

大学の成績とともに、自分が書いたものを送付

師匠添削、加筆

返信&鼻血ブー


本当にお忙しいところお世話になりました。
そして褒め称え頂いて、悶絶するほど照れました(どんだけ自己評価低いんだ自分)



内容のミソは、ちゃんと成績と自己推薦文(personal statement)とリンクしていること。
希望のコースを全うできるだけの力があると、言っていただくこと。
これじゃないでしょか。
内容量はA43分の一程度?かな?




ここで終わりじゃないのが推薦状。
日本文で書いてもらったので、英文に訳したものにサインを頂かなくちゃいけません。
それは後日。



次は上司編です。
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


プロフィール

もっさん。

Author:もっさん。
☆POINT☆
●ユルい。
●大阪弁。
●普段は遅いが、本気を出すと速いらしい。
●不可思議ないきもの。
●日本で小児対象の言語聴覚士としてユルユル生息中。
●音楽療法士の勉強をするためイギリスに2014まで生息。
●音楽療法士の資格(英国限定)も取ったし、なんとかそれを今の仕事にねじ込もうと画策中。

最新記事

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

alphapolis

アクセス解析


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。