スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イギリスで米を食す①長粒種はお安い。



















意外と、いけると思うんだな。
詳細以下




米、日本人なら米を食え
そんな声がどこからか聞こえてきますが
基本的にもっさん。の食事スタイルは「地産地消」をモットーとしておりますので
その土地のもんがやっぱり美味しいと思うの。
無理して英国で日本米を食うという執着は無いのです。
食べたけど
なんか違うもん。


とはいえ
パンは色々含んでいるので喉が渇くし塩分高いしで
米、トライしてみた。
炊飯器がないので鍋でいつも炊きます。
鍋で炊いて分かったこと。


炊飯器、いらん。


こっちでも買えるんですが、新たに一台持つほどのもんでもないな、と。
それだったら土鍋一個買って、米用にした方が速く調理できる気がする。


ともあれ



日本米?ジャポニカ種っていうんですかね、あれはアジア系のお店で手に入ります。
韓国語で書かれてたり、中国語で書かれてたりするのがメインですが
ちゃんと日本のコメも手に入ります。
ごく少量であれば、地元スーパーでも「SUSHI RICE」という名前で手に入ります。

そんなもん割高じゃんよ?エンゲル係数はうかつにあげられないのよ。


というわけで


イギリスでメインに売られている長粒種。
タイ米系ですね、あれはたくさん売られてて安いです。
インド・タイの方は非常に多くすまれているので、当然の品ぞろえといったところか。
最安値は1.5㎏、40pです。(重いからそれ以上の重量を買ったことが無い)


悪くないです。多分調理法さえちゃんとすれば…
未だ試行錯誤中ですが、食べられますよちゃんと(笑)
炒飯や、鶏肉のトマトソース煮なんかとは合います。カレーは完璧や。
ふつーの白飯は、冷えると若干食べづらいものになりますが、味をつければ翌日のお弁当にも可能。



なので、調理方法を誤らなければ割とオイシイ主食になりうるのでした。
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


プロフィール

もっさん。

Author:もっさん。
☆POINT☆
●ユルい。
●大阪弁。
●普段は遅いが、本気を出すと速いらしい。
●不可思議ないきもの。
●日本で小児対象の言語聴覚士としてユルユル生息中。
●音楽療法士の勉強をするためイギリスに2014まで生息。
●音楽療法士の資格(英国限定)も取ったし、なんとかそれを今の仕事にねじ込もうと画策中。

最新記事

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

alphapolis

アクセス解析


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。