スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イギリスで自転車に乗ろう。①



















次回は乗り方についてー
詳細以下!!


もっさん。が生息するCambridgeは結構自転車率が高いです。
そして
もっさん。は実習地がビミョウに近かったので、経費削減のためにもチャリを購入。
学生の街でもあるので、中古の自転車や、先輩からの譲りものなどなどで
頑張ればかなり格安で手に入ります。
ちなみに、もっさん。の相棒 Lady-Rosa様は45ポンドでセカンドハンドshopにて契約(笑)
赤の目立つ自転車で盗難防止だ!


さて


ビミョウにやはり日本と違います。

*スタンド無い。
電信柱や標識のポール、自転車用のポールにたてかけます。
無い場合は
皆倒しておいてます(笑)

*自転車の鍵…っていうのが無い。
こちらでいうカギは、ポールにくくりつけておくためのチェーンの鍵の事です。
ポールでなくても前輪とボディを固定して鍵代わりにしたりと
わりとフレキシブル対応なチェーンです。
£5~ぐらいからで、それこそちゃっちぃのからイカツイのまで…


*自転車のライトは前後二つ。
前が白色灯、後ろが赤色灯です。つけてないとpoliceに怒られるそうです。


*多分本当は反射板もつけなきゃいけないはず。
別売りかよ!!


というわけで、日本みたいに備品までオールインワンなチャリンコはお目にかかりづらいと思われます。
そしてライトの盗難も多いし
たまに、前輪だけ奪われたチャリとか発見します。
まぁ…チャリの盗難はそこそこ多い犯罪ですので


運かな!!


でもあるとかなり便利です。
だって平地やし、自転車専用の抜け道もかなりあって


実はバスより移動が速くて確実だともっぱらの話です。(どうなん)
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


プロフィール

もっさん。

Author:もっさん。
☆POINT☆
●ユルい。
●大阪弁。
●普段は遅いが、本気を出すと速いらしい。
●不可思議ないきもの。
●日本で小児対象の言語聴覚士としてユルユル生息中。
●音楽療法士の勉強をするためイギリスに2014まで生息。
●音楽療法士の資格(英国限定)も取ったし、なんとかそれを今の仕事にねじ込もうと画策中。

最新記事

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

alphapolis

アクセス解析


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。